上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
1日経った。
恐ろしい1日が……。
すべてはティスティー・キャンディと名乗る女性、否、悪魔の一言から始まった。
「別にジェインのお墨付きなら入っても構わないんだけど、とりあえずここでは新入りの貴方は一切の拒否権は持たないって覚えておきなさい。」
その一言から恐ろしくこき使われる始末。
正直あそこより僕は奴隷らしくなってる。
正直自分に与えられたベッドとテーブルしか無い質素な部屋こそが天国で、風呂、食事処、部屋から出た時点で地獄だ。
ドアを空けようか迷う間も与えられなかったが。

「おはよ~。」ティスティー・キャンディ、悪夢の元凶か。
「なんでしょう?」大きなバッグを与えられた。
「これで、買ってきなさい。」2万円と紙を渡された。
なんだ、お遣いか。それなら外で安全も確保できるし良かった。
「……あぁ、勿論簡単じゃないわよ。エルの散歩にも付き合ってもらうから。」あぁ……もう死ぬんじゃねえか僕?
ん、でもエルって。
「とりあえず食堂に来なさい。」なんで命令形なんだよ。
仕方なく服を着替え食堂へ向かった。

「新入りさん?」ハイ?無愛想に後ろを振り向いた。
あ……パレットさんだ。
美しいなぁ。しかも昨日は何気に書類にテキトーに判子押しとけと言うあまりに適等な課題を手伝ってもくれたし。
完全に素敵要素ばっかりじゃないか~!と思いつつも、若干無愛想なのは気になるなぁ。
「コレ、お願いできる?」え!?いままでの回想シーン返してください。
紙を4枚渡された。
「ハイ。」椅子に座るとティスティーが俺の分の食事までもって向かいに座った。コレだけなら素敵な人だよな、この人も。
「エル~?おいで。」すると食べかけの食事を持って無邪気にティスティーの隣に座った。
「私、ティスとお散歩するの!」僕を放ってティスティーに話し始めた、がんばれ!
「じゃぁ明日から散歩無しね。」うわっ……。
「分った、行く。」
最悪イベント、エルちゃんの地獄散歩開始!
このときの僕にはこの言葉が聞こえていなかったのだろう。

to be continued…
スポンサーサイト

2008.08.29 
ハイハイ、見事にPC禁止令を受けてしまった管理人零です。
励ましメッセージはコメントへ!みたいな馬鹿なことかいても読めないってどうよ。
とはいえ、親がいない隙を狙ってちゃっちゃかチェックはしてるので、大した問題は……いや、夏休み終われば隙がねえや。
兎も角ストの更新も作品アップも出来ないっていうのはつらいなぁ。
何とかします!ったぁ言えないし。
う~ん……まぁ今後の俺を見てください(黙)
えっと、カオス以外はリメイクしてますが以下はギリギリ取り込んでである画像です。
画像デジカメ 008
ミノタウロス
画像デジカメ
ノア
画像デジカメ 011
プロメテウス
画像デジカメ 010
ヘリオス(「ん」じゃなくて「ス」です)
画像デジカメ 009
カオス
画像デジカメ 006
サンメサイア(フォイボスでは無いんです)
画像デジカメ 012
・・・・・あ、君はジャッキムverオ・ニマじゃないか。

2008.08.28 
フォイボスをギリギリで薙ぎ倒しながらガリアの方へ向かっていると色の違うフォイボスが現れた。
「大佐!」通信を図った。
「ついて来い。」太いレーザーが横を通り過ぎ、後ろのフォイボスが一気に減った。
こういう惨殺兵器があれば楽なのにな。

暫くすると、あのアームヘッド、ギガースが後ろに並んでいる建物を見つけた。
「降りろ。」機体から降り、建物の中へ案内された。
中へ入るととても幼い声が聴こえた。
「おかえりー!」すると、思いのほか立派な「女の子」ではなく、「女性」が走ってきた。
「アレ?ティスは?ティスまだ?」なんだ?やけに発言内容まで……。
すると、後ろからとても美しい女性がその人の襟元を掴んだ。
「馬鹿!馬鹿!さわらないでパレット!離して!」パレットと呼ばれた女性は足掻くその人の声を無視してこちらに話しかけてきた。
「ジェイン、その方がツィルクさん?」大佐は頷いた。
「そうですか。これから宜しくお願いします。……もうそろそろ社長が帰ってくると思うのですが。」
正直僕はその姿に見惚れていた。
「あ、ジェイン。重工内を案内しておいた方がよいのでは?「あの部屋」に入って惨劇が起こってしまうのもあれですし。」
「え?惨劇っすか?」思わず声を出した。
「あぁ、そのことについては追々俺が話すよ。」そういうとついて来い、と言うようなジェスチャーをした。
クソッ!折角こんな綺麗な人と出会えたのに!なんて思っていると今度はチャイニーズな美人が現れた。いや、さっきのパレットさんには敵わないけど。
「ン?この人ダレネ?」あ、本当にこういう話し方するんだ。とか思ったり思わなかったり。
「新入りのツィルクだよ。ツィルク、お前も世話になるんだから挨拶くらいしとけ。」
「あ、宜しくお願いします。」

その後、3階建ての建物の中の、2階までを見て回った。
食堂、喫煙所のような実用的なものから、図書館、バスルーム、救急室等、重工に不必要に感じるものも多く存在した。
その理由を聞けば、「ん、まぁさ、そこは聞くなよ。」と、大佐は言葉を濁すのだった。
僕が3階へ上がろうとすると大佐に引きずり落とされた。
「ちょ、なにするんですか!」
「3階は駄目だ。」目は見開き、非常に恐ろしい形相だった。
何があるのか凄い気になるんすけど。
そこへ、さっきから何度か見る、作業着を着た非常に厳しそうな女性が、「ティスティーさんの部屋を見た者は首が吹き飛びますよ。」と言い残していった。
あ、3階は見ないようにしときま~ス。若干冷や汗をかいていた。
「あ、あの人はアルフォンね。」冷や汗を書いているのは僕だけじゃないらしい、もっとも、大佐はあの人を恐れていたようにも感じられたが。
すると、上から三つ編みの、しかしこの美人重工には似合わぬやや老けた女性が降りてきた。
「あの人はテーリンさん。唯一ティスティーの部屋に入れる人だよ。」と、耳元でささやいた。
「よ、宜しくお願いします。」すると、非常にか細い声で返事が返ってきたのが正直気持ち悪かった。
とりあえず、汗をかいたのでバスルームにでも行っておけだなんていわれたものの、正直そんなことできるかって話で、まずその恐ろしそうな社長さんに会わないと。と思った。
どんな人なんだろう?ヤクザみたいなおっさんか?それとも、目つきが悪い兄さん?想像するだけで恐ろしかった。
すると、さっきの幼いイメージを持つ女性が上に上がってきた。
「ティスティー帰ってきたよ、挨拶ぅ!」大佐が焦って降りていく感じ、こちらも急がざるをえなかった。
「エル!機嫌良さそうか?」
「エルって言って良いのティスだけだもん。」
1階へ降りると、テーリンと言うおばさんがパリジェンヌというべきだろうか?そんなタイプの女性と話していた。そこにエルと呼ばれた女性が割り込む。
「二人とも、話は後よ。まずこの男の子の事聞かなきゃ。私の名前はティスティー。名前は?」
え?ティスティー?まぁ……確かに女の人っぽい名前だけど。
「ツィルク・クロインです。……その、宜しくお願いします。」


to be continued……

2008.08.02 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。